手製のなにがし

手作りする風景をゆるくお届けします

パイナップル柄の布で巾着ポーチを作りました

パイナップル柄の布を見つけました。
アリザネコです。(・ω・)

可愛い!
と、思って布買いました。

どんな感じになるか、巾着ポーチを作ることにしました。
横30cm×縦108cmを、
二つ折りにしています。

マチを作りたいので、
右下と左下を、
重ねた状態で横5cm×縦4cm
カットします。

内袋も同じサイズ

二枚を合わせて、上と下を縫います。
写真は畳んでいます。

紐を通すところに印をつけます。
紐の穴は2cmにしました。
ここは縫わないところです。

紐を通すところと、
返し口を残して、
後は縫います。

内袋側も同様。

紐通すところ少し縫いました。
そのままでも良いかなと思ったのですが、こっちの方が綺麗かな、と。

縫った部分の布を開いて、アイロンをかけます。
かけ終わったらこんな感じ。

表布の底面の部分と、
内袋の底面の部分を合わせて縫います。

縫い終わったところ。
メビウスの輪みたいだ(・ω・)

返し口から返したらこんな感じ。

紐を通す部分を縫います。
入り口から13cm下あたりを
横方向をまっすぐ2ライン縫います。

紐を通して絞ったところ。
こんな感じ。

内袋は適当に選んだけど、
入り口から見えるので、
緑の布が良かったな。

細長いけど、
パイナップル感があって可愛い。
次はナップザックにしよう。(・ω・)ノ

余ったクレヨンを型に入れてマーブルクレヨン作成

暑いですね。私が溶けそう。
アリザネコです(・ω・)ノ

在宅での活動で、掃除したらクレヨンがごっそり出てきました。

色彩道具として、
クレヨンは手に付くので、
あまり好きじゃないです(・ω・)
だから、捨てようかなーと思ったのですが、
どうやら熱で溶かせるらしいので、
面白そうなので、溶かしてみることに。

まず、溶けやすい様に折ります。
手で折ってみましたが、あまり細かく砕けませんでした。
叩いた方が細かくなって良かったかな?

100円ショップのダイソーで、
シリコン型を購入。
今回はレンジでやるので、
レンジ対応の物で、
持ちやすいように大きめの型にしました。
作った後、シリコン型に色や臭いが残ったので、家に食品用のシリコン型があっても、別で用意した方が良いと思います。

クレヨンを適当に入れます。

レンジで600wを6分やってみました。
溶けてる!!(・ω・)
溶かしている間、クレヨンの独特の臭いがするのが難点。
このクレヨンが古いからかなぁ。
そのまま放置して冷まします。

型から取り出したのがこちら。
裏から見ていた時は白色無くなった?と思っていたけど表に出ていて、結構ちゃんとマーブルしてる(・ω・)
冷めきらないうちに無理やり外そうとしたせいか、左下が割れちゃいましたが、他は綺麗。

簡単に溶けて固まるのは面白い!
古いクレヨンのせいかもしれないですが、
溶かしていると、
ちょっとクレヨンの独特の臭いがします。
油分だから、レンジについちゃったのかな?

あと種類の違うクレヨンは溶け方が違う様子。
もっと砕いて混ぜた方がもっとマーブルで面白かったかも?

簡単なので、
子どもがクレヨン使うようになって、
それが余るようならまた作っても良いかな(・ω・)ノ

赤ちゃん服をスタイにリメイク

ミシンって赤ちゃん居ると使いにくい!
でもミシン使いたいアリザネコです(・ω・)ノ

離乳食で洋服の襟が汚れすぎて、
洗っても落ちなさそうなので、
捨てることに。

でもなんか使えそう。(・ω・)

と、いうことで、
スタイを作ることにしました。
洋服の背中面が無事なので、
背中を使います。

スタイの型紙当ててみたら、
布の大きさが足りませんでした。
継ぎ足せば良いかな。

こんな感じにする事に。

表を合わせて、縫います。

開いてアイロンをかけます。

型紙通りにカット。

裏側も好きな布を使って、
合わせてこんな感じ。
使っていた服だけあって、
吸水性があって良い感じ!(・ω・)ノ

着なくなったベビー服(ロンパース)を手直し。

保育園からロンパース卒業を言い渡されました(・ω・)ノ
アリザネコです。

サイズ的に着れないわけじゃないし、
離乳食で服が汚れて、
着替えも多いので、
下側切って縫えば、そのまま下着として使えるのでは?とやってみることに。

バイアステープで端を処理しました。
もっと長い方が、ズボンに下着を仕舞えてハイハイしてもお腹出なさそうですが、着替えは多い方がいいので、他のもやろう!(・ω・)ノ
下着じゃなくても、ロンパース系は、下を切って縫っちゃえばシャツになるなー。
簡単なのでいいかも(・ω・)

フェルトでスイカのポーチ作った

夏の準備始めました。
アリザネコです。

夏に向けて、
イカのポーチを作ろうと思います。
フェルトがお手軽なので、
フェルトでいいかな

手持ちの赤いファスナーが20cmタイプだったので、これを基準にします。

半径10cmの半円を書きます。
このサイズのスイカにする予定。

型紙にします。

赤いフェルトを切り出します。

イカって白いところもあったなぁ
という事で、
半径9cmの半円を書いて、
幅1cmの部分を切り出します。

白いフェルトを切り出したところ。

フェルトを重ねて縫います。

黒い刺繍糸で、種を縫います。
種の数はこんなもんでいいかな。

5cm幅の緑のフェルトを用意。
短いので真ん中で、二枚繋げました。
長さはこんなもんかなーって切ったので測ってないですが、
おそらく31.4cmあたりだと思います。
2πr÷2が半円の円周なので、
直径20cm×円周3.14÷2=3.14cm

黒いフェルトを縫い付けて縞々模様にします。

実の半円に縫い付けます。

こんな感じ。


なんだかんだで、
中に物を入れるならやっぱり内袋がほしいなと思い、作ることに。
縫代は1cm。
ファスナー横用に4cm×22cmが2枚。

ファスナーに縫い付けます。

半円に縫代1cm足した布を2枚、
皮部分に7cm幅の適当な長さの布1枚、
を切り出して縫います。

内袋、完成。

ファスナー部分にフェルト縫い付けてから、内袋をしまって縫いつけます。

完成。

皮側はこんな感じ。

おもちゃ感があって、いいな。

オイルモーションを作った。簡単に手作りおもちゃ

動くおもちゃを作りたい。
アリザネコです。(・ω・)ノ


〈用意した物〉
ジッパー袋
ベビーオイル
好きな色の絵の具(水性)

小さい方の袋に、
ベビーオイルを入れます。
貧乏性なので、なるべく少なく。

水性の絵の具を、水で溶きます。
卵の黄身みたい。

ベビーオイルの入っている
小さい方の袋に入れます。

入れたところ。
絵の具は、ベビーオイルより少なめの方が綺麗です。
ベビーオイルと絵の具が、油と水なので分離しています。

指で黄色を触って分裂させたりして遊びます。
液体が出ないように、
袋は更にテープで止めました。

そのまま我が子に渡したら、よれちゃったので、下敷きがわりにクリアファイルを用意。

袋が二重だったら安心かな、と、
クリアファイルと液体の入った袋を、ジップロックに入れました。

入れたところ。

遊んでみたところ。
色が混ざったりせず、
綺麗に分離して満足。

背景にアルミホイル入れたら、キラキラして綺麗かな?と入れてみることに。

アルミホイルを入れたところ。
反射して見難くていまいちだったので、結局抜きました。

我が子に渡したら、
バンバンと叩いていました。
黄色絵の具を掴もうとして
分裂して掴めなくて泣いたり。
反応するので、作ってよかった(・ω・)ノ

ちなみに、
小さいペットボトルに入れるのも試したんですが、ペットボトルに絵の具の色が付着して、くすみました。
ボトルはガラスじゃないといけないのかな。

ジョイントマットでパズルを作る

プレイエリアのジョイントマットを
我が子が外すので、
もう遊ぶ用のジョイントマットを買えば良いじゃん!と思いました。
アリザネコです(・ω・)ノ


100円ショップで、ジョイントマットを2枚入り100円を2色買いました。
材料費200円(税抜)安い(・ω・)ノ

全部ジョイントできるように、
パズル部分を書き写して
カットしたらいいのができそうなのですが、
なんだか左右で形が違う様子。

色々面倒そうなのでやめました(・ω・)

赤ちゃん居ると制作時間が限られるので、面倒な事はやめるのが一番(・ω・)ノ

と、言うわけで、
簡単に4分割にします。

4分割したのをジョイントします。
中央から、コンパスなどで円を下書きします。

カッターでカット。
カットしたのを、型紙がわりにして、どんどんカットしていきます。

4つで円になるパズルができました。
まだ外して舐めるのが楽しいくらいなので、これくらいで十分かな。

一応、こんな風に繋いだりもできます。

円にして置いておくと、
気づくと外されていてバラバラになっています。
小さくて手に持ちやすいみたいだし、飲み込める大きさじゃないから安心だし、作ってよかった(・ω・)ノ

まぁ、でも、
本物のジョイントマットも外してます。
そうかなとは思ってたよ(・ω・)