手製のなにがし。

手作りする風景をゆるくお届けします

ペーパークラフトのキットで、魔女の宅急便 キキとジジの家を作った

なんか面白い事ないかなー(・ω・)
つまらないなー。(・ω・)
って、何も思いつかないけど、何かしたい気分の時があります。
アリザネコです。

あまりにも、常日頃つまらないってボヤいていたら、旦那様がペーパークラフトキットを購入してくれました。

『みにちゅあーとキット 1/150
魔女の宅急便
キキとジジの家(オキノ邸)』


わーい(・ω・)ノ
ありがとう旦那様。

と、言うわけで、
今回はペーパークラフトで、家を作りたいと思います。


この家は、ジブリの「魔女の宅急便」の冒頭で出てくる、キキの実家だそうです。

キキが魔女の修行に出る前の家。
言われてみれば、こんな家でてたなぁ。

表紙

これによると、作業時間は12時間だそうです。

12時間!!
長っ!!(・ω・)

2人で作業したら半分で、
6時間くらいかなぁ。

入っている紙は、硬い厚紙で、すでにレーザーカットされていて、カッターで少し切るだけで外れます。

カット。
窓の格子とか、細かい。

説明書を見ながら、
何枚かの紙を接着。
部品が小さいので、気がつくと作業する瞬間は息を止めてました。集中。


色の違う紙を重ねているだけなのに、それっぽくなってきました。
すごい。

説明書通りに組立てます。

家になってる。

黒いランプの取付。
ピンセットがないと持てないほど小さいけど、精巧です。

屋根と煙突をつけて、土台に貼り付け。
この状態でも、家として精巧で、眺めてて楽しいなー。

この状態から、緑の粉をまぶしたり、緑のスポンジを付けたりします。

完成目標の表紙を見つつ装飾。

装飾した後。
やり直しがきかないのと、接着剤が乾く時間との戦いでした。
こんな感じになりました。
レーザーカットしてある部品が精巧なので、近づいて見ても雰囲気あります(・ω・)ノ
↓この角度好き。
家の裏でこっそり遊びたくなる。


実は、まだ、
木の枝と、ジジと、キキの部品があります。
でも、この状態に満足なので、これで完成でいいかなぁ(・ω・)ノ


2人で作業して、

紙の組立6時間くらい。
装飾は4時間くらい。

トータル10時間くらいでした。
組立と装飾は別な日にやりました。

2人なら6時間かな、という予想は甘かった!

2人で作業しても分担できるところと、1人しか作業できない部分もあるので、やっぱり12時間くらいかかります。


<使って良かった道具>
・デザインカッター
・木工用ボンド
・ピンセット
・爪楊枝
・紙コップ

カッターでも良かったのかもしれないのですが、100円ショップでデザインカッターを購入して使いました。
細かく切れて良かったです。

接着剤は色々使ってみたのですが、最終的には、木工用ボンドを原液で使うのが一番良かったです。

小さすぎて、ピンセット無いと、作業できません。

接着剤を塗る時は、爪楊枝を使ってました。便利。

紙コップに接着剤を出して、そこに爪楊枝を入れて使っていました。
緑の粉や、緑のスポンジを入れたりも活躍。
無くてもいいけど、あると便利。



<みにちゅあーと>
今回、作ったペーパークラフトキットはこちら。
ちょっと高いかな?って思ったけど、こんなに精巧に出来上がるなら納得の値段です。




私が作ったのは、1/150サイズなんですが、それよりも小さいサイズのキット(mini)もあります。
1/150でも小さかったので、miniはすごく小さいんだろうな。