手製のなにがし。

手作りする風景をゆるくお届けします

フルーツのにぎにぎ(洋梨)

YouTube見ながら裁縫する事が多いです。
アリザネコです。

前回は、りんご、みかん、桃のにぎにぎを作りました。
フルーツのにぎにぎ(りんご) - 手製のなにがし。
フルーツのにぎにぎ(みかん) - 手製のなにがし。
フルーツのにぎにぎ(桃) - 手製のなにがし。
今回は、洋梨のにぎにぎを作ろうと思います。

まずこちらの基本形の丸を元に、
洋梨を描きます。


洋梨の形にフェルトをカット。
刺繍糸で点々の模様を付けます。
これを2枚作ります。
洋梨の色を黄か緑かで迷いましたが、
緑っぽいフェルトにしました。


円の内側を縫います。


葉っぱと枝の部分を用意。
それぞれ2枚ずつ切り出しています。
枝は縫い合わせておきます。


綿を入れながら、
円の外側を縫います。
この時、枝も挟み込んで縫います。


葉っぱを縫い合わせて、
果実部分に縫い付けて、
綿を入れて完成。

洋梨のにぎにぎ。




フルーツシリーズのにぎにぎ。
作った4個を並べてみました。
輪投げっぽい。(・ω・)ノ


赤ちゃんが成長したら、
輪投げとして使うかな。


適当な紐を通して結んで、
モービルっぽく飾ってみました。

モービル→にぎにぎ→輪投げ
と、使いまわせたらいいけど。
どうなるかは
赤ちゃんの反応次第だな!(・ω・)