読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手製のなにがし。

手作りする風景をゆるくお届けします

パーラービーズでタチコマを作った

ハリウッド版の攻殼機動隊の話を聞いて、攻殼機動隊を見直してます。
アリザネコです。

あんまり実写は気にしてなかったんですけど、ハリウッド版の吹替がTVアニメ版の声優さんと同じらしい、と聞いて気になりました。
荒巻さんだけ、ビートたけしだから、ビートたけしのままだそうですけど。
アニメと声優さんが同じなら見て見たい気もする。(・ω・)

攻殼機動隊の話をしてたら、見たくなったので、休日に攻殼機動隊の映画のSSS(ソリッドステートソサエティ)を見直しました。

見直してたら、色々かっこいいし、
タチコマ可愛くて!(・ω・)ノ

タチコマ作ろうって思いました!

と、いうわけで、
タチコマ

パーラービーズは、一番小さく表現したいところから作ってます。
今回は、目(なのかな?)の白いところからです。
パーラービーズの青系は色が多いので、どんな青にしようかなーと悩みつつ並べてます。
メインは[みずいろ]。陰は[あお]。
[ラムネ]を使うか迷ってて、腕で試しに置いてみたんですが、なんかゴチャゴチャしそうなので、悩んでます。
[ラムネ]はやめて、ハイライトに[スカイブルー]を使いました。
手先は、指パーツつけるために空けてます。

指パーツ。
こんな感じにしました。

これで、タチコマの三本指ができました!

両方つけて、
完成!

タチコマ
AI戦士!(・ω・)ノ


この指を何に使うかというと。


例えば、
壁にマスキングテープを貼って
その上に両面テープを貼って
タチコマを貼れば、
ケーブルを持ってもらえます!(・ω・)ノ
それだけです!(・ω・)ノ


自立できるようにすれば、スマホ充電台とか作れそう。


【使用色】
・しろ
・くろ
・はいいろ
・ダークグレイ
・みずいろ
・あお
・スカイブルー


プレートは四角のLプレート一枚。

パーラービーズに、はまってきたなーという方には、Lプレートおすすめです。 二枚入っているので、繋げて大きいのも作れます。


パーラービーズでマインクラフトのゾンビを作る

たまにパニック映画を見たくなるアリザネコです。

できれば「ウィルス感染もので、感染した人がゾンビにならないもの」を見たいんですが、だいたい、感染したらウォーって言って起き上がります。
起き上がらないで!ベットで寝てて!

と、言うわけで、

今回は、パーラービーズでマインクラフトのゾンビを作るよ。ウォー(・ω・)

まず、ゾンビを観察します。
あの服装の色、はみ出たシャツ、見覚えが。
よく見たら、ゾンビの服装ってスティーブと同じ!(・ω・)

と今更、気づきました。

死んだスティーブが蘇ってきてゾンビになってるのか!(しかもたくさん)

このゾンビ達は、別な世界で死んだスティーブかもしれないと気づきました。
マインクラフト、深い(・ω・)

と、言うわけで
スティーブをゾンビの色合いにすることに。

肩から下の服装はスティーブと同じまま。

ちなみに、こちらがスティーブ。

次に手を作ります。
が、手のパーツの写真を撮り忘れたので、参考までにスティーブの手のパーツ。
このアプリコットのところをパステルみどりにしただけです。


出来た手を、筒状ゾンビの穴に、差し込みます。

外して横に差し込むこともできます。

これで、ゾンビ完成!




ゾンビって言ったら両手を挙げてこんな感じですよね。
ウォー



パーラービーズが買えるお店はこちら。

パーラービーズでマインクラフトのスティーブを作る

マインクラフトPEをやってますが、動作が重くなると、コンシューマ版買いたくなります。
そんな時は、フリーズと無縁なパーラービーズのマインクラフトを起動。
アリザネコです(・ω・)ノ


今回は、スティーブを作ります。
やっぱりプレイヤーも居ないとね。

しかし、スティーブって何者なんでしょうか。

今ではスキン(見た目)を、他の名前のキャラに変えることができますが、
最初の主人公といえばスティーブのイメージ。

何も持たず世界に現れて、サバイバルして生活して、最終的にはネザーやらエンダー◯◯◯に行くのだから、やっぱり異世界人なのかな。


さて、いつも通り
こんな感じかなというスティーブの形を作って、要らない部分を省きます。
手をつける予定なので、肩には1ビーズの穴を空けています。

作るためにスティーブを観察してて気づいたことが。
スティーブって、シャツの裾がズボンから少し出てるのね。
筒型スティーブができました。

次に手を作ります。




重なるところは接着剤でくっつけています。
棒のところを、筒型スティーブの肩の穴に、入れる構想です。

作ってみたものの、この形だと、少し力を入れると、T字のパーツが外れるので、作り直し。


手ver2
T字パーツからク字パーツにしました。
都合上、手が少し長くなりました。
この手なら接着剤無しでも組み立てられるなぁ。

この手を、スティーブの胴体につけます。

さすがに手を回転させることは、できませんでした。
が、手はつけ外しができて、これを横につけると、
掘ってる感が出る!(・ω・)

ていや!




せっかく剣とかピッケルとかのアイテムあるから、持たせたいなぁ。(・ω・)
と、いうわけで。


手 ver3

接着剤でくっつけて、ク字パーツをはめてます。

この手は、何回か失敗もしました。
アイロンがかかってないと、パーツが弱いし、かけすぎると幅が広がって、穴に入らなくなってしまうんですよねー。
難しい。
アイロンをかけすぎた時は、カッターかハサミで、削ってました。
そういう意味では簡単に直せて楽だけど。

手の空いてる穴に、アイテムを入れます。
幅が3ビーズまで入ります。

が、スコップと剣は、柄が大きいので持てず。


頑張って乗せる感じ?(・ω・)ノ


まぁ、遊べればいいんだ!
ダイヤでも掘るかな。

パーラービーズでマインクラフトの土ブロックを作る

仕事したくないなーと言いながら出勤して腕時計を見たら、腕時計が出勤前の時間で止まってました。
ザ・ワールド!
アリザネコです。

マインクラフトの小道具や動物などを作りましたが、今回は、フィールド感を出すために、土ブロックを作りたいと思います。

サイズはチェスト(幅18×奥行18×高18)と同じにすることに。
※数字はビーズ数です。

だって、チェストも土ブロックも、1ブロックサイズで一応同じくらいだから。

上は開封できるようにして、細かいアイテムを片付けできるようにします。
私、片付け苦手なので、収納スペース多くないと(・ω・)


なので、まず幅18×奥行18×高17の入れ物を作ります。
高さ1はフタの分なので、箱自体は、高さ17にします。

並べて、


いらないビーズを省く。


5面作って、組み立てます。


フタの部分は、閉めた時に動かないように、こんな感じ。


完成(・ω・)ノ
中に物が入るとか素敵。


クリーパ先生を乗せてみました。
おおー。
これはいい!
マインクラフトっぽい!


土ブロックたくさん作るかな(・ω・)

と言ったら、

ハーフブロックで作れば、ビーズ半分で作れるじゃん?

と言われました。

ハーフ!
その発想は無かった!(・ω・)


いやでも、土ブロックにハーフって無いし。
とは言え、確かに用があるのは、あの草の部分のような。


まぁ、作ってみるか!


と、いうわけで
土ブロックのハーフ!

高さが9の入れ物になってます。
確かにこれを二個作れば、そっちの方がフィールド感出るし、入れ物としても使いやすいかな。

一個で見栄えするのは、全ブロック。
ビーズ数が少なくて扱いやすいのが、ハーフブロック。
どちらも長所があるかな(・ω・)

パーラービーズでマインクラフトのダイヤの原石ブロックを作る

小さい頃パーラービーズを友達の家でやらせてもらったら、それ以上はダメって言われて、もっとやりたかったなーと思ってました。
その反動がいまきてます。
アリザネコです。


ダイヤを作ったので、ダイヤの原石も作ろうかと思いました。

3種類の形を、それぞれ2個作る。
同じ形を向かい合うように組み合わせる。
ドットが荒くて、ダイヤの原石に見えないかも(・ω・)



と思いながら眺めていたら、



ふと、
このままアイロンかけたら
どうなるんだろう(・ω・)

という思考に囚われました。

組み立てた後にアイロンかけたら
綺麗な立方体になるかも?

やってみよう!


やってみた。

どうしても端にはみ出し部分が出る。

ハサミでカットできそうと思って、
やってみたら、案外簡単に綺麗に切れた。

カット後。

手間が多いけど、プラスチックの四角になるので、おもちゃっぽさが出て面白いかも。

パーラービーズでマインクラフトの鳥を作る

マインクラフトの鳥って、アヒルだと思ってました。
アリザネコです。(・ω・)ノ

作成するためにゲーム画像検索しようと「マインクラフト 鳥」って調べたら、ニワトリって書いてあって、ショックでした。

ニワトリなのか!
解せぬ!(・ω・)

はい、気を取り直して。
ざっくり並べます。
4×4で顔を作りました。

要らないビーズを省いてみたら、
4×4は難しいことに気づきました。
組み立てる時に1ビーズだと折れやすいので、できれば2ビーズずつにしてます。
でも、4×4だと、真ん中2ビーズ抜くと両脇1ビーズになってしまいます。

気持ちよく立体にするには、
6×6がいいかな。

試行錯誤の末、こんな感じに。
アイロンビーズは隣同士繋がらないといけないので、小さいパーツ(赤の口のパーツ)はあえて大きく作ったりしました。


組み立てる。
口のところはこんな感じで組み立てています。

完成。
組み立てている途中の形の方が似ていた気がする(・ω・)


と、いうわけで作り直し。


改訂バージョン!


どこが違うかと言うと、
(左)改訂前
(右)改訂後
尻尾的な部分ができました。

改訂前も四角くて可愛いんですが、
パーツのハマり具合が、
改訂後のがスタイリッシュ(・ω・)ノ

パーラービーズでマインクラフトのクリーパー先生を作る

最近、マインクラフトのパーラービーズばっかり作ってます。
アリザネコです。


マインクラフトのパーラービーズシリーズ、前回はこちら。
arisaneco.hatenablog.jp

さて、今回は、リフォームの匠をお呼びすることにしました。
はい、こちら!(・ω・)ノ
クリーパー先生です。
目が合うと近寄ってきて、自爆します。
怖いです。

今回は、このクリーパー先生を作ろうと思います(・ω・)ノ

まず、頭を作ります。
目に白を入れようかな、と入れてみたんですが、クリーパー先生は、感情が読めない目をしているのが良さだと思って、やめました。

要らないビーズを省きます。
これで、頭ができるはず!

次に胴体。
これを組み立てるとできる、はず(・ω・)

じゃーん。
なんか(・ω・)

なんか違う!(・ω・)
足が細い!


実はここまで、作り間違えたパーツとかたくさんあって、何度も作り直して頑張って作りました。

やっとできたのに悔しい!

と、言うわけで、
悔しいので、作り直すことに。

ついでに顔も修正。
目鼻を黒とダークグレイ使っていたのですが、「黒だけのが良いかな」と言われたので、黒だけにすることにしました。



改訂版。
細かいパーツが多いよ!(・ω・)ノ
これだけパーツあると、アイロンかけるのが大変。

組み合わせとしては、

左列が顔
中央列、右列が胴体と足

に、なります。



組立。

顔はこんな感じ。


足から胴体はこんな感じ。

頭の底面の穴と、胴体の上部の飛び出し部分をはめて完成。


うん。いい感じ!(・ω・)ノ

高さが18ビーズなので、以前作ったチェストと同じ高さになりました。
チェストにしまうためには、
顔の方を小さくしたバージョンのが良かったのかもしれない。

まぁ、いっか。